認定長期優良住宅ってどんなおうち?

大川建設では標準にしている認定長期優良住宅。 認定長期優良住宅ってどんなおうちか分からない方も多いと思う。 2009年施工の「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」により、定められた住宅のこと。国土交通省が認定基準を定め、耐震性、省エネ性などが一定基準を上回ることを認定する制度である。 長期優良住宅に認定されるためには、所定の条件をクリアする第三者機関による住宅性能審査を受ける住宅がある自治体に認定してもらうこの3つをクリアしなければならない。 長期優良住宅の認定基準7つ劣化対策耐震性メンテナンス・リフォームのしやすさ省エネ対策維持保全計画住戸面積住居環境ざっくりいうと、名前の通り長く壊れにくいおうちを建てようと言う基準。 ●メリットは… 所得税の住宅ローン控除、登録免許税の軽減、不動産取得税の軽減、固定資産税の軽減。 そして登録免許税、不動産取得税、固定資産税の3つは特例措置を2年間延長することになった。 【登録免許税】税率を一般住宅特例より引き下げ所有権保存登記:0.1%(本則0.4%、一般住宅特例0.15%)所有権移転登記:戸建て:0.2%        マンション:0.1%(本則2%、一般住宅特例0.3%) 【不動産取得税】課税標からの控除額を一般住宅特例より増額一般住宅特例1,200万円→1,300万円 【固定資産税】一般住宅特例(1/2減額)の適用期間を延長戸建て:3年→5年マンション:5年→7年 結果、現行の措置を2年間(令和2年4月1日~令和4年3月31日…

続きを読む

QRコード